ようこそ大京精密工業株式会社の公式サイトをご訪問頂き、誠にありがとうございます。電話:070-4207-9456

私たちにご連絡ください

大京精密工業株式会社

営業担当:土橋 

      話:070-4207-9456

      :東京都墨田区両国一丁目84   130-0026


■機械部品加工全般・組付

■航空機部品・試作  

■治工具・検査具 

■金型部品全般

■自動車部品試作

板金、溶接、熱処理、表面処理

の一連の加工サービスが

対応できます。

マシニングセンター加工、精密鋼材、溶接加工部品

現在の位置: トップページ >> 製品紹介 >> 溶接部品

マシニングセンター加工、精密鋼材、溶接加工部品

詳しく紹介する

大京精密工業株式会社は高い溶接技術を持っています。TIG溶接、CO₂溶接、アーク溶接、レーザー溶接など各種溶接技術を身につけています。

各種溶接方法について、それぞれの特徴や違いを簡潔に解説いたします。
○  TIG溶接は溶接ビードが一番きれいな溶接方法です、ステンレスやアルミでの溶接に多用されています。
○  アーク溶接はTIG溶接と基本的には同じですが、アーク溶接は温度高いスピード早い特徴があります、
 TIG溶接と同じタングステン電極棒よりアークを発生させ、母材を溶かし溶接することですが、コスト高い、溶接ビード肉盛無などに用途が限られています。
○  生産性が高いのはスポット溶接です、溶接時間が短くて、有効に溶接できるので、自動車ボディの接合などに使われています。
○  さらに効率高いのはレーザー溶接です、スポット溶接の代用技術として導入が進められており、産業用ロボットと組み合わせて使われています。
○  溶接時の手間が少ないのは、半自動溶接です。これにはCO2溶接、MAG溶接、MIG溶接などが含まれます。
○  CO2溶接は半自動溶接の中では最もコストが低く、使われる頻度も多いです、鉄の溶接に最適となっています。
○  MAG溶接は炭酸ガスとアルゴンガスが組み合わさっており、CO2溶接よりもスパッターが少なくきれいに仕上がります。
○  MIG溶接は主にアルゴンガスを主成分としており、鉄ではなくステンレスやアルミの溶接に使われます。仕上がりも美しいので、表面の加工などに最適です。